労山遭難対策基金

日本勤労者山岳連盟(労山)が、遭難対策事業の一環として設定している「労山遭難対策基金」のことで、労山会員の共済制度です。

労山会員が、遭難事故対策のためにお金を出し合って「基金」をつくり、会員が事故を起こした場合に、救助・捜索や入通院に掛かった費用などが、その基金から掛け金に応じて支給される遭難救助制度です。
遭対基金に加入するには、労山の会員であれば、誰でも、いつでも加入できます。

加入手続きは、所属団体(会・クラブ)の遭対基金の担当者が、遭対基金管理委員会宛てに行います。給付などの諸手続きも、会員の所属する会・クラブと管理委員会とで行われます。

払込金と給付

個人では1年1口1,000円で、10口まで任意で加入できます。
団体では1口2,000円で、5口まで任意で加入できます。
新規に加入する場合は、その他に新規加入金500円が必要です。
給付は、死亡・傷害の場合、最高で払い込み額の200倍までの補償があります。

詳しくは、日本勤労者山岳連盟・労山遭対基金をご覧下さい。