山岳救助隊

紹介

隊員の任命

救助隊員は、所属山岳会の承認を得たうえで、常任理事会により選考任命される。
各山岳会は、救助隊及び隊員に対して必要な援助を行わなければならない。

目的と活動

救助隊は、遭難に際しての救助活動と遭難防止活動を主目的とし、救助については常に迅速かつ安全確実な行動ができるよう組織し、訓練研究を行う。
救助隊は次の活動を行う。

  1. 救助活動
  2. 遺体搬出活動
  3. 救助訓練及び研究
  4. 講習会等のコーチ
  5. 遭難防止のための諸活動
  6. その他

隊員の義務

隊員は次の義務を負う

  1. 救助活動に積極的に参加する。
  2. 常に行動を明らかにしておく。
  3. 個人的に救助活動を行う場合も、原則として隊長に報告する。